膣のゆるみを放っておくと危険です|子宮脱や膀胱炎を防ごう

レディー

注入法で狭くする

お尻

自分の膣のゆるみが気になるという人は婦人科形成クリニックで相談するといいでしょう。そこではデリケートゾーンのいろいろな悩みを解決へ導いてくれます。膣のゆるみには注入法を行なっているところも多いでしょう。

広い範囲に使える

両手を上げる人

婦人科形成クリニックではいろいろなデリケートゾーンの悩みを解消してくれます。膣のゆるみが気になるという人はそこでレーザー治療を受けるといいでしょう。1回の施術で大きな効果を実感できます。

効果を実感しやすい

頭を押さえる人

婦人科形成クリニックでは膣のゆるみを改善する治療が受けられます。その方法のなかでも高い効果を発揮するのが高周波を用いた方法でしょう。コラーゲンの生成を促すことができる優れた治療法です。

筋力が衰えた結果

ボディ

デリケートゾーンに悩みを抱えているという女性は少なくありません。例えば、生理中の不快なニオイを気にしているという人がいます。また、かぶれやかゆみが酷くて仕事が手に付かないこともあるでしょう。それらが更に悪化すると痛みを感じるようになり眠るのも辛くなります。デリケートゾーンの黒ずみをパートナーに指摘され傷ついたという人もいるでしょう。このように、デリケートゾーンは様々な悩みを抱えやすい場所なのです。そんな悩みの1つに自分で自覚しにくい膣のゆるみという症状があります。どうやって膣のゆるみを自覚したかというと、パートナーからの指摘や軽い尿漏れで気付く人が多いでしょう。膣がゆるんでいても大きな不自由を感じることがないので気にしないという人も少なくありません。しかし、そのゆるみを放置してしまうと体の不調や病気にまで発展してしまうことがあるのです。膣のゆるみの原因となっているのが骨盤底筋群という筋肉の衰えです。この筋肉は骨盤の周りを支えているもので、腸や膀胱、子宮などを支えています。この骨盤底筋群の筋力が衰えることで、それらの器官を支えきれなくなってしまうでしょう。子宮が下がったり膣の壁がめくれたり、直腸が下がり膀胱付近を圧迫することがあります。こういった子宮や臓器が飛び出してしまうことを子宮脱というのです。また、膀胱が圧迫されるので排泄に障害をきたしてしまうことも考えられます。膣のゆるみというサインを見逃すことでこれらの病気になる可能性が高まってしまうのです。気になるという人は早めに婦人科やクリニックへ足を運んで調べてもらいましょう。