膣のゆるみを放っておくと危険です|子宮脱や膀胱炎を防ごう

女の人

効果を実感しやすい

頭を押さえる人

自分では気付きにくいデリケートゾーンの問題というのはたくさんあります。例えば、女性器の黒ずみや大きさの悩みです。デリケートゾーンは自分でじっくり見ることはほとんどなく、人と比べることができない部分なので気付きにくい点が多くなるのです。また、膣のゆるみについて自分で気づけるという人も少ないでしょう。ふとしたときの尿漏れやパートナーの指摘でゆるみに気づく人がほとんどです。この膣のゆるみを改善するために、婦人科形成クリニックでは注入法や高周波、レーザーや切開法などが行なわれています。そのなかでも効果が高くて短い時間で治療できるのが高周波を用いた治療方法です。この治療にかかる時間は約30分から1時間程度で、レーザーの治療より短く切開手術と変わらない時間で行なうことができます。しかも、その2つの方法よりダウンタイムの時間が短くわずか一週間で済んでしまうのです。しかも、シャワーや入浴は当日から入ることができ、仕事や家事をしても差し支えありません。この高周波を使った方法では膣のゆるみにどのような影響を与えることができるのでしょうか。患部に機械を当てることで膣組織の表面を冷やすことができ、高周波で膣の内部を収縮させることができます。その刺激のおかげで膣壁の細胞が活性化してコラーゲンの生成が促されるというものです。普通の手術と違ってコラーゲンの増産ができるので約90%という多くの人が効果を実感している方法なのです。確実に膣のゆるみを改善したいという人はこの方法を使った方がいいでしょう。